新しい料理に挑戦!!

今回で2度目の教室受講になるAさん。

試食のあと習った料理に挑戦の意欲満々です。

気に入っていただいた料理は、博多蒸し小鯵の南蛮漬けでした。

それに出汁巻卵白和え炊き込みご飯を献立に組みました。

白和えはここ何度か試作されていらっしゃるそうで、私なりのレシピをご紹介致しました。

最近はご自宅での料理する回数が多くなり、自然と時間も長くなったそうです。

失敗から学び、試行錯誤繰り返しながら、奥様から『おいしい!』の一言をもらった時には、どんなに心躍ることか…

教室の後必ずご自宅で習った料理を作ってみる。

自分の舌の記憶を頼りに味を再現していく。

何度か繰り返していくうちに身についていく。

思う様にいかない時はネットで検索したり、それでも解決しない時には、私にLINEで質問されます。

試行錯誤するが故に私の答えが腑に落ち、深く体得されていかれます。

好きであることが上達の一番の早道である事は間違いありません。

自分に自信がつき、身近な家族や好きな人に喜んでもらう事は、その想いを大きくします。

博多蒸し

一説に福岡県博多の工芸品である、博多織の柄に似せてこの名があるそうですが、彩りも良く上品な一品です。

軽く茹でた白菜を型に並べ、鶏挽肉を調味したものを重ねて蒸します。

挽肉には赤蕪や人参に木耳や青菜などを、配色考えて加えると、まるで着物の帯の絵柄の様に美しいものです。

とろりとした銀餡を掛けていただきます。

小鯵の南蛮漬け

鯵は初夏のこの時期どう料理しても美味しいものですが、今回は唐揚げにしたものを、ピリリと唐辛子が効いた南蛮酢に漬け込みます。

最初は低温の油でじっくりと揚げて、一旦取る出したものを高温の油で二度揚げにします。

これで中骨まで食べる事ができます。

長葱と人参をソテーしたものに、甘酢に鷹の爪を加え南蛮酢に仕立てます。

揚げたての小鯵の唐揚げを熱い内に漬け込みます。

半時間ほど経ったものでも、美味しくいただけますよ。

出汁巻卵

卵料理は冷蔵庫から出し常温にしたものを使うと、出来上がりが違いますよ。

箸で掻き混ぜますが、あまり神経質に混ぜすぎない様に。

お出汁を適量加えたら、酒や味醂に薄口醤油で調味します。

甘目がお好みでしたらお砂糖もどうぞ!

ただし甘味料が入ると焦げやすくなります。

理想は箸を入れるとじわっと、お出汁が滲み出るくらいが一番ですが、ご家庭では少し甘いくらいが、喜ばれる事でしょう。

巻くのはとにかく練習あるのみです。

鍋の温度に気を配りつつ、巻いたら油を側面まで塗り広げ、また卵液を広げる事を繰り返します。

魚は一先や鯵に皮剥などが店頭に並びます。

いよいよ春から夏へ海幸も山幸も、移り変わりつつあります。

ああっ、私も夏の料理を考えないと‼️

お電話でのお問い合わせ

TEL:
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。
受付時間 : 10時〜20時30分

メールでのお問い合わせは下記メールフォームをご利用ください。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

メッセージ本文